ゲイナイトはミロスガレージから始まった【オネハ】新宿・花園神社

ミロス・ガレージ MILOS GARAGE エントランス 

出典元:伝説の東京クラブシーン「90Nights」

ゲイナイトはミロスガレージから始まった【オネハ】新宿・花園神社

「ミロスガレージ・MILOS GARAGE」は、かつての伝説のクラブ「ツバキハウス」を

彷彿させるアンダーグラウンドでエネルギッシュな地下のクラブ。1989年~。

場所は東京都新宿区、花園神社の脇。地下ディスコクラブ。

新宿区花園町5-17-6 花園ビルB1F

(前身のクラブは「第三倉庫」で、

ミロス・ガレージの後身は「CLUB WIRE・クラブワイヤー」)

(入り口ドアを開けると左側に地下クラブへと降りていく階段がある。)

出典元:facebook.com/hashtag/クラブミロスガレージ

【1989年(平成元年)5月13日(土曜日)、このミロスガレージにて、

記念すべき第1回目の「ゲイナイト」が行われた。】

以後、毎週土曜日にミロスにて、

ゲイナイト「THE PRIVATE PARTY」(ザ・プライベート・パーティー)が開催され、

合計106回! 開催された。

バーカウンター、ダンスフロア、DJブース

ミロスガレージ・ゲイナイト・THE PRIVATE PARTY(ザ・プライベート・パーティー)は、

パーティーオーガナイザー、加藤ユキヒロ氏が、

ニューヨークのゲイクラブカルチャーを吸収して

日本に持ち込んだものとされている。

メインDJ は、ニューヨークでも活動していた中村直 氏(nao nakamura)で、

ユーロビート~ハウス、オネエハウス(通称:オネハ)まで、

人気のあるダンスミュージック曲などで、フロアを沸かせた。

若いゲイメン達をはじめ、有名人気メンズファッションモデルや業界人、

文化人などの社交場で、フロアは毎週満員、熱狂的だった!

これを機に、日本のゲイクラブカルチャーが本格化した。

「昨今におけるゲイクラブシーンは、新宿ミロスガレージから始まった」

といってよい。

ゲイナイトは、1991年、大型クラブ 東京 芝浦「GOLD」に場所が移り、

1000人規模の大箱での初ゲイナイト「THE PRIVATE PARTY」が始まり、

1995年7月まで毎週第1日曜日に開催された。

開催日には二丁目から芝浦直行のバスが出ていたほど大人気!

NYから帰国のDJ中村ナオ氏をはじめ、人気DJ達が参加していた。

(ミロスのDJブースとダンスフロア

この頃の東京のクラブシーンとしては、

西麻布「P.ピカソ」 西麻布交差点角の地下クラブ「328」などがあり、

一方、新宿2丁目でのクラブ的な店では、 「マコ・MAKO」 「サザエ・SAZAE」

「ブギーボーイ」など。また地下のレゲエクラブ「69」などもあった。

その後、「西麻布のYellow」「渋谷のCAVE」など、夜の遊び場が続々オープンし、

東京に更に新たなクラブムーヴメントが起きた。

「ゲイナイト」はそれまで比較的少人数だったゲイクラブの概念を

一気に数百単位の規模に押し上げた。 

二丁目には伝説的なゲイナイト向け常設クラブ「ディライト」がオープンし、

日比谷にも「ラジオシティ」、歌舞伎町には「CODE」が二丁目を超えて広がりを見せた。

近年では、新木場・アゲハでの「Shangri-La シャングリラ」。

渋谷・CLUB CAMELOTでの「AVALON-アヴァロン」。

コロナ禍において、一旦は沈んでしまったゲイクラブシーン、ゲイナイトだが、

コロナの収束と共に、再度、徐々に盛り上がっていき、

そこから、また新たな形のゲイクラブカルチャーが生まれていくことだろう!

メンズアンダーウェアTOOTトゥートメンズアンダーウェアTOOTトゥート
タイトルとURLをコピーしました